ラミシールについて説明する女性
目次

中年男性の病気と思われている水虫、実はパンプスやブーツにストッキングという若い女性の足も高温多湿で、白癬菌という真菌が育ちやすい環境となっており、隠れ水虫患者は多いのです。
もしも症状を感じたら早めに治療しましょう。放置していても真菌が増殖していく一方です。決して自然治癒することはないのです。

水虫の治療薬として効果的なのがラミシール、錠剤とクリーム剤があります。
それぞれどう違うのでしょう。水虫はどれくらいの期間で完治するのか、見ていきましょう。

ラミシールの錠剤とクリーム剤の違いとは?

ラミシールは有効成分テルビナフィン塩酸塩の抗真菌薬です。
テルビナフィンには水虫の原因菌・白癬菌の細胞膜を破壊する作用があり、使用することで退治することができます。
その他にも、カンジダ症やタムシ・シラクモなどの治療薬としても有効です。

わざわざ恥ずかしい思いをして医師に見せなくとも、普通に足の指の間などが痒くなる水虫であればドラッグストアや薬局でクリームタイプのラミシールを購入して1日1回患部に塗るようにしていても、十分効果はあります。
皮膚科に行って症状を診てもらって処方してもらうにしても同じ成分の薬が渡されるでしょう。

一方の錠剤タイプは医薬品に当てはまります。医薬品はドラッグストアには置いてありません。病院で処方してもらうしかないのです。
こちらは服用した場合の身体への影響が大きいことから、このような扱いになっているのです。その代わり効果も強いです。
そのため、クリームタイプでは完治が困難なかかと水虫や爪水虫の治療に処方されます。

水虫というと必ずしも痒みを伴うわけではありません。
爪に入り込む爪水虫や、かかとの角質に入り込むかかと水虫という病気もあるのです。
かゆくは無いけれど爪の形が変形したりかかとがガサガサになったり、そういった症状を感じた場合にも皮膚科を受診してみてください。
単なるかかと部分の肌荒れではなく白癬菌が関係している場合があります。
そうなると、角質や爪の奥深くに入り込んでしまっているので表面から薬を塗布した程度では中まで浸透しないのです。
そのため体の内側からアタックするしかありません。

病状に応じて同じラミシールでも違った剤形の薬が処方されるというわけです。
クリーム剤でもさまざまな種類があります。
物によっては病院で処方されるのと同じ薬が薬局で手に入りますし、錠剤も個人輸入の形で海外から購入することも可能ですが、できれば恥ずかしくても皮膚科に行って専門医に診せて、きちんと薬を処方してもらった方が安心です。
副作用もありますし、表面的には治ったように見えても白癬菌はなかなかガンコです。
見えないところに潜んでいて、薬の服用をやめたとたんにまた活動を再開して再発してしまう可能性もあります。
医師の指導の元、用法用量を守って使用するのが一番です。

ラミシールの主な副作用を知りましょう

身体への影響は比較的少ないとされるラミシールクリームですが、副作用が決して起こらないというわけではありません。
たとえば塗った部分の皮膚がかぶれたり、かゆみや発赤・紅斑があったり、刺激感を感じたり、皮膚に亀裂が入ったり、フケ状のものが出てくる・皮膚が剥がれ落ちるといった症状などが報告されているのです。
もしも症状に気付いたら、早めに医師に相談してください。
医師に相談する男性早く治そうと1日1回を守らずに大量に塗ったりすると副作用が多くなるだけです。必ず用法用量を守るようにしましょう。
症状が出ている箇所だけでなくその周りにも実は白癬菌はいる可能性が高いので、患部よりも少し広めに塗るようにしてください。

一方、医薬品であるラミシール錠の方は身体への影響が大きいため、妊娠中や授乳中の方は使用が禁止されています。
たとえば胃部の不快感や下痢・吐き気・腹痛といった症状が出ることもありますし、めまいや頭痛・食欲不振・味覚の異常が起こった例もあります。
クリーム同様にかゆみや発疹が起こることもあります。発熱や関節の痛みが出ることもあるのです。
もしも何らかの異常が出てきた場合には早めに病院に行くようにしてください。

錠剤タイプの場合、重篤な症状が出る危険性もあります。
もしも食欲不振や全身の倦怠感・皮膚が黄色くなるといった症状があれば重篤な肝障害の初期症状かもしれません。
発熱や咽喉の痛み・貧血症上は血液障害の、発疹や水疱・目の充血は皮膚障害の初期症状の場合も考えられます。
息苦しさや舌や唇の腫れを感じた場合、アナフィラキシーを起こすこともあります。
どれもできるだけ早く病院に行ったほうがよい症状です。

錠剤を使用する場合、肝臓や血液への影響が大きいため、この部分に障害を持っている方は使用ができない場合があります。
また、服用中は定期的に検査を行い問題が起こっていないかどうか調べる必要があります。
個人輸入で手に入れた場合、障害が起こっているのに気がつかないまま使用を続け、気がつくと重篤な状態になっていたという危険性があるため、できればお金がかかっても恥ずかしくても専門医と共に治す方がよいのです。
大きな障害が起こった場合はその治療が必要となり、逆にお金がかかってしまうことだってあります。

ラミシールで水虫治療する際の治療期間

白癬菌はとても感染力の高い菌のため放置しておくとどんどん体内でも広がっていきますし、スリッパや衣類を通じて他の人にも感染させてしまいます。
気になる症状があったら早めに皮膚科で治療をしてください。
放置しておく期間が長ければ長いほど治療期間は長くなってしまいます。

とはいえ、すぐに治療を開始したとしても白癬菌を根絶やしにするにはある程度の期間がかかります。
即効で治るわけではないためその期間はきちんと薬を塗ったり服用したりするようにしてください。
足水虫であれば2ヶ月程度で完治するでしょうが、爪やかかとの水虫ともなると半年ほどと治療期間はかなり長くなります。
とはいえ、適切な薬を用法用量を守って使用していればいつかは治ります。
頑張って続けましょう。

ドラッグストアや薬局・個人輸入などを通じて自身で薬を購入した場合でも同じ有効成分・テルビナフィンが使われている限りはきちんと治ります。
ただし、個人で治療していると多いのが再発してしまう可能性です。
表面的には爪やかかとがきれいになったから・かゆみが収まったからと薬の使用をやめてしまうのですが、実はまだ菌が潜んでいるというケースは多いです。
そのため薬の効果効能が切れたとたんにまた白癬菌が活発化してしまうのです。

菌が残っているかどうかは皮膚科で検査すれば調べることができます。
医師の指示の元できちんと薬を服用し、定期的に血液検査などを行って副作用が出ていないかを調べます。
最終的に白癬菌がなくなったかどうかを検査して完全にいなくなったことが分かり治療を終了してよいと医師が認めて、それでようやく完治です。
途中でやめてしまったらせっかく毎日頑張っていた治療が意味がなくなってしまいます。
最後まで治療を続けるようにしましょう。
クリーム剤を塗るときにも患部よりも広く白癬菌が広がっているであろう部分をすべてカバーするようしっかり塗ってください。

2ヶ月・半年というのはあくまで目安であり、体質や症状の状態によってもっと短い期間で完治することもありますし、もっともっと長くかかることもあります。
とにかく専門医の指示に従ってきちんと通院しましょう。自宅でも言われたとおりに薬を使用してください。
放置しておいても治る病気ではありません。治療しない限りは治らないのです。

  • NoImage
    水虫の治療薬に関する情報

    水虫のしつこい痒みは肌荒れなどで悩んでいる人も多いでしょう。 放置しておいても命に関わるようなことはありませんが、治療をしても再発しやすいので厄介な病気と言われています。 重度の水虫を治したいという場合、ラミシールクリームを使ってみるのがおすすめです。 ラミシールクリ...

  • NoImage
    水虫の治療薬に関する情報

    ラミシールは真菌を殺菌する作用があり、真菌が原因となる皮膚病などに使われる薬です。 ラミシールを使う時はビタミンDの摂取を意識することも大切です。 真菌による皮膚病では水虫が知られていますが、真菌はカビなので身の回りに存在しているもので、多くは害がないものの、一部の真菌...

  • NoImage
    水虫の治療薬に関する情報

    ニゾラールはカビの仲間である真菌に対して高い効果を発揮する、抗真菌薬です。 塗り薬なので基本的に体内にはほとんど吸収される事がないため、副作用も少ないという特徴もあります。 もっとも塗り薬の中には副作用とまでは行かなくても、塗った際に刺激痛が生じる物が少なくありません。...