水虫の治療薬に関する情報

ラミシールを使用する場合はビタミンDの摂取を意識

ラミシールは真菌を殺菌する作用があり、真菌が原因となる皮膚病などに使われる薬です。
ラミシールを使う時はビタミンDの摂取を意識することも大切です。
真菌による皮膚病では水虫が知られていますが、真菌はカビなので身の回りに存在しているもので、多くは害がないものの、一部の真菌は体に害を及ぼします。
水虫で考えると、水虫の人とタオルを共有するなど、接触することで発症することが考えられ、免疫力があれば接触しても感染することは少ないですが、一度体に症状が出てしまうと簡単に治すことが難しくなります。

真菌に感染した場合には自然治癒は難しく、免疫力が低下している時には特に増殖しやすくなります。
菌を増殖させないためには清潔を保つことも必要ですが、ラミシールを使って殺菌をすることも必要です。
ラミシールには患部に直接塗る塗り薬の他に飲み薬もあり、成分が皮膚角質に集まって真菌の細胞内に入り代謝酵素を阻害することができます。
この代謝酵素は油性物資なので普段から体の中に存在しますが、真菌内でこれが蓄積されることで細胞膜が破壊されるのです。
細胞膜を構成する成分として、エルゴステロールがありますが、エルゴステロールの含有を低下させて真菌細胞膜を破壊します。

エルゴステロールはコレステロールと同じ働きがありますが、真菌のみに存在する物質でもあるため、この含有量を減らすことで細胞の活動を減らすことができます。
ラミシールの塗り薬は体への影響はほぼありませんが、内服薬の場合には肝臓や腎臓に負担になることがあるので病院では服用する際には検査を行うことがあります。
水虫の治療でも言われることですが、足などの表面の症状がなくなっても、完治を目指す場合には完全に真菌を滅菌させることが重要で、そのために検査を受けながらラミシールを使い続ける必要があります。
また、滅菌をしっかりと行っても体に免疫力がない場合には再発する可能性があるので、ビタミンDを摂ることはラミシールの作用を助けることになります。

免疫力の低下はビタミンDの不足が原因

ラミシールをより効果的にするためには免疫力の低下を防ぐことも必要で、そのためにビタミンDを積極的に摂ることをおすすめします。
体の免疫力が低下するとウイルスや細菌が外部から侵入しやすくなってしまうということは、ご存知の方も多いでしょう。
しかし、ウイルスや細菌だけではなく、真菌についても免疫力が低下すれば外部からの侵入を許すことにつながってしまいます。
免疫力の低下を防ぐことは、健康でいるためには大切なことなのです。

免疫力の低下には栄養の摂取が大きく影響しており、特にビタミンDは重要な栄養素といえます。
ビタミンDは、肝臓がカルシウムやリンを吸収したり、血液中のカルシウム濃度を保って骨を作る際に必要になるため、不足すると骨粗しょう症にもつながってしまうのです。
ビタミンDは油脂に溶ける脂溶性のビタミンで、食べ物からも摂取できます。
ビタミンDが含まれている食材はサンマ、いわし、鮭などの魚介類の他に卵、キノコ類などがあります。
いわしだけなく、いわしの子供のしらすを干したしらす干しにも、多くのビタミンDが含まれています。

ビタミンDは日光を浴びることでも体内で合成されるので、ビタミンD不足の場合は日光浴をすることも良い選択です。
冬は日照が少なく日光を浴びる時間が不足しやすいため意識的に日光浴をすると良いでしょう。
免疫バランスの調整はビタミンDが働くことで行われ、免疫力を正常にします。

ビタミンDがすべての免疫力に関わっているということではありませんが、バランスを調整するという点では、大きな役割を果たしていると言えます。
真菌に感染すると自然治癒では完治は難しいため、病院などでラミシールを処方してもらい完治するまで使い続けることが必要です。
ラミシールを使うだけではなく、より効果的を発揮させるためにもビタミンDの不足がないように、積極的に食事で鮭やサンマから摂ったり、日光浴で合成することが必要です。