水虫の治療薬に関する情報

副作用が少ないニゾラールで真菌を退治

ニゾラールはカビの仲間である真菌に対して高い効果を発揮する、抗真菌薬です。
塗り薬なので基本的に体内にはほとんど吸収される事がないため、副作用も少ないという特徴もあります。
もっとも塗り薬の中には副作用とまでは行かなくても、塗った際に刺激痛が生じる物が少なくありません。
ニゾラールは塗った際に生まれる刺激痛も少ないので、刺激に敏感な人でも安心して使用可能な塗り薬です。

そんなニゾラールの主な成分は、ケトコナゾールという抗真菌薬の1種になります。
真菌というのはカビやキノコ等の仲間であり、ケトコナゾールはそれら真菌に作用して増殖を抑える事が可能です。
強い抗真菌活性効果と抗真菌スペクトルを持っているので、真菌による様々な症状に効果を発揮します。
ニゾラールによる抗真菌活性と抗真菌スペクトルにより改善可能な症状としては、水虫や脂漏性皮膚炎等です。

ニゾラールの成分であるケトコナゾールはその構造から、イミダゾール系抗真菌薬と呼ばれています。
イミダゾール系抗真菌薬は抗真菌薬としてかなり高い効果を発揮してくれるので、真菌の増殖を抑えるだけでなく殺菌効果も期待可能です。

そんなニゾラールですが、高い抗真菌効果が得られる割に、比較的生じる副作用が少ない点も魅力的として挙げられます。
もっともあくまで副作用が少ないだけで、生じる恐れはあるので注意が必要です。
具体的に報告されている副作用としては、接触性皮膚炎や痒みに刺激感といった症状であり大きな副作用ではありません。
ですが副作用が生じた場合には、医師や薬剤師に相談する事をおすすめします。

更にニゾラールにはクリームとローションタイプが存在するので、上手く使い分けるべきです。
クリームタイプは塗るとどうしてもべたついてしまうため、頭皮に塗る際には上手く塗るのが難しく感じられることもあります。
なので頭部に塗る際はローションタイプが適しており、高い浸透力を得る事が可能です。
ですが浸透力が高い分、刺激も強くなるので肌質が弱い人は副作用が生じる可能性が高まるので注意する必要があります。

ニゾラールはカンジタの治療にも使われる

ニゾラールを使用すれば、抗真菌効果を高く得る事が可能です。
そのためカンジタ菌と呼ばれる真菌によって引き起こされるカンジタ症の治療にも使用すれば、改善効果を得る事が出来ます。
カンジタ症を引き起こしている病原菌を殺菌する事で、性器表面に生じる不快な症状を改善可能です。

ニゾラールにはクリームタイプとローションタイプが存在していますが、カンジタ症の治療の際には基本的にクリームタイプが使用されます。
ローションタイプは確かに浸透力が高い分、高い殺菌作用を得る事が可能です。
ですが同時に刺激も強いため、カンジタ症の治療のために性器に塗ると強い刺激痛が生じる可能性が高くなります。
カンジタ症の治療に使用するなら、クリームタイプがおすすめです。

そんなニゾラールのクリームタイプを使用する事で、症状や個人差はありますが約2週間程でカンジタ症の治療を完了させる事が期待出来ます。
カンジタ症にニゾラールが有効な理由としては、症状が起きる原因であるカンジタ菌は真菌の1種だからです。
ニゾラールは人間とカンジタ菌の細胞膜の違いを利用して、カンジタ菌の細胞膜だけを破壊する効果を持っています。
お陰でカンジタ症の原因であるカンジタ菌を、なくす事が可能です。

カンジタ症を治療するためにニゾラールクリームを使用する方法ですが、基本的に1日1回症状が出ている部分に塗ります。
2週間から3週間程度、毎日忘れずに塗り続ける事によりカンジタ菌を殺菌して症状を改善する事が可能です。
ですが必ず症状が完全になくなるまで、塗り続ける事が重要だとされます。
同時に患部を清潔な状態にした上で、塗らなければなりません。
なのでニゾラールを塗るタイミングとしては、お風呂上がりに毎日塗るという方法がおすすめです。